TOP > RECOMMENDED TUNE(れこちゅう) > 2010.6「Pictures」 back top
RECOMMENDED TUNE れこちゅう
2010.6(2010年6月9日) 「Pictures/Pay money To my Pain」 一覧を見る
Pictures/Pay money To my Pain
ラウドロック復権へ向けて立ち上がった
世界規模のHeart Rock Band
 日本のバンドとは思えない、世界規模の衝撃的なスクリーモチューンを放ってきたPay money To my Painの待望のニューシングルが届いた。
 凄まじく尖がっていた音像を作り上げてきた彼らが、一転してスタンダードな楽曲を書いた。それが「Pictures」という作品だ。しかしこれは「柔らかくなった」という意味ではなく、尖がっているものをスタンダードに内包するという、とてつもない高度な技法で楽曲制作をしているということだ。
 部分部分を切り取ると、やはり凄まじく尖っている。Kの生命感溢れる強靭なヴォーカル、Pabloの突き刺さるようなギター、T$UYO$HIとZaxが織り成す思いを叩きつけるようなリズムなど、個々がパワーアップし、それらを一つの形にすると絶妙なバランスで形になったという印象だ。
 Pay money To my Painのライブで彼らの音楽への真摯な思いを見るにつけ、少しでも多くの方にこの音楽が届くことを祈っていた人間としては、このような楽曲が完成したことは嬉しい限り。誰が呼んだかHeart Rock Bandの大本命が、ラウドロック復権へ向けて立ち上がった。(橋場了吾)
Pictures/Pay money To my Pain
(2010.6.9.発売/¥1200(tax in)/VPCC82292)
1.Pictures
2.Butterfly soars
3.Out of my hands 〜revival〜
4.Bury 〜redemption〜
視聴はこちら
Grow Light/THE RODEO CARBURETTOR
《購入はコチラ》
Pay money To my Pain
《L: Zax(Dr) T$UYO$HI(B) K(Vo) Pablo(G) :R》
プロフィール
2004年に結成された4人組スクリーモロックバンド。これまでにアルバム1枚、EP2枚をリリース。K(ex.GUNDOG)とスペインと日本のハーフであるPablo、Micro(ex.DEF TECH)のサポートもこなすT$UYO$HIにZAX(ex.KAMINARI)というインターナショナルかつ個性的なメンバーから繰り出される強烈な楽曲の数々は、日本という枠では括りきれないエモーションに満ち溢れている。

一覧を見る