TOP > MUSIC NAKED > vol.176-GIRL NEXT DOOR back top
MUSIC NAKED ハダカの告白
Vol.176(2010年2月11日) GIRL NEXT DOOR 一覧を見る
ハイスピードで手に入れた「NEXT FUTURE」の向こう側
GIRL NEXT DOOR
写真:GIRL NEXT DOOR 《L: 鈴木大輔(Key) 井上裕治(G) 千紗(Vo) :R》
プロフィール
兵庫県出身、2006年に上京しエイベックス・アーティスト・アカデミーの特別レッスン生としてダンス・ヴォーカル・演技のレッスン・経験を重ねていた千紗を中心にした3人組ユニット。日本国内のみならずアジアを中心に楽曲提供を行っている鈴木大輔が作曲を担当。これまでにシングル7枚、アルバム2枚をリリースしている。2008年・2009年と2年連続で紅白歌合戦に出場を果たした。
オフィシャルHP
http://girlnextdoor.jp/
ライブ情報
GIRL NEXT DOOR LIVE TOUR 2010 ”FIRST COLLECTION”
2010.6.6(日) 札幌・PENNY LANE24
デビューから1年半…もっと長い間一緒にいるような、ギュッと凝縮されたような感じです。
まずは千紗さんに伺いたいのですが、最初に音楽に触れたきっかけはどのようなものだったのですか?
千紗「小さい頃からダンスをやっていたので、ダンスミュージックに触れたのが最初ですね。幼稚園の頃からクラシックバレエを始めて、小学校6年生からジャズダンスを始めたんです。その時にジャズダンスの面白さ…リズムに合わせたこの動きは何なんだ!?と思って、そこで目覚めました。それからは歌って踊れるアーティストに憧れるようになりました。歌もずっと好きで、お母さんと一緒に毎週木曜日は「カラオケの日」にしていました(笑)。ダンサーを夢見て頑張っていた時期もありましたが、やっぱり真ん中で歌う・踊るというのは一番注目もされますし、私もその位置に立ちたいと強く思うようになったんですよね。最初はダメモトでスタッフの方に自分のデモ音源を渡したところからスタートしているんです。」

GIRL NEXT DOORは2008年に結成されていますが、初めて千紗さんに会った印象はどのようなものでしたか?
鈴木「本当にこのままですよ、元気で明るい女の子でしたね。」
井上「僕は二人がデモを作っている段階から参加したので、スタジオで作業している時に会いました。初日は蕎麦を食べに行きました(笑)。「ギター何年やってるんですか?」って聞かれましたね(笑)。」
千紗「3人揃ってからはすぐにレコーディングや撮影が始まり、その速さにはビックリでした(笑)。」

2008年9月リリースのデビューシングル「偶然の確率」はれこちゅうにもさせていただきました。デビューから1年半ほど経ちましたがどのような時間でしたか?
鈴木「長いような短いような不思議な1年半ですね。フルアルバム2枚リリースしてますので、結構なボリュームですよね。」
井上「デビュー前から色々動いていたので…。最初に会ったのがその年の3月だったので実質2年くらい一緒にいるんですよ。」
千紗「ギュッと凝縮されたような感じです。もっと長い間一緒にいるような感じもします。」

シングルも7枚出てますからね(笑)。リリースのたびにビックリするのが千紗さんの雰囲気の変化なんです。「偶然の確率」の時は凄いセクシーだなと思ったんですが、「Drive away」では快活で元気な女の子のイメージで。。
千紗「それが新しい自分の発見に繋がったので楽しかったです。色々な衣装を着たり、メイクで変化をつけたり、学ぶことが多かったですね。デビューしてから知ることばかりだったので、全部が新鮮でした。」

123 1/3 [前のページ|次のページ

「NEXT FUTURE/GIRL NEXT DOOR」
(2010.1.20発売/¥3059(tax in)/AVCD38022B)
1.Jump
2.Infinity
3.Winter Crystal
4.空へ
5.Tri△ngle
6.Seeds of dream
7.Artemis
8.Orion
9.無防備な純愛
10.涼風薫花
11.sa・ku・ra
12.Be your wings
13.恋の魔法
14.FRIENDSHIP
写真:NEXT FUTURE/GIRL NEXT DOOR
《購入はコチラ》
一覧を見る